臨床美術

 

臨床美術とは・・・?

臨床美術とは・・・?
 
『臨床美術』とは・・・

創作活動を通じた右脳の活性化により、認知症の症状を改善することを目的としています。
現在では、介護予防事業など認知症の予防、発達が気になる子どもへの心のケア、小学校の授業「総合的な学習の時間」など多方面で取り入れられ、多忙なビジネスマンの間でも注目される など、いきいきと人生を送りたいと願うすべての人へ希望をもたらしています。
当法人では、入居者様に対し月1回、臨床美術士 びわこ臨床美術研究会(半田哲生氏、半田育子氏)に講師として来ていただき、取り組んでおります。


☆五感をフルに活かし、脳いきいき・・・を目指しております。
 
 臨床美術に取組み、早いもので1年が過ぎました。認知症の改善に役立ったかどうかわかりませんが、最初は、「まあ暇だし取りあえず参加してみよう。」という方が大方でした。最近では、「今日は、臨床美術の日ですよ。」と声かけをすると、笑顔で参加の意思を伝えていただいております。
作品への取組み、そして出来上がった作品を、先生から講評、皆さんからの拍手、「達成感」「満足感」が、脳の活性化に繋がっているように感じております。
 

平成25年度

平成25年度
 
【第33回】
平成25年6月29日
〔モチーフ〕空豆
今回からは、現場スタッフも一緒に参加しやすいように、1階地域交流スペースでの開催になりました。
空豆ということで、サヤから豆を出され、しっかり観察されました。「マメ・綿フトン・サヤ」と、しっかり描かれました。 
 
画用紙いっぱいに描かれた「空豆」、しっかりと実が詰まった空豆でした。
 
サヤから飛び出した元気なマメを描かれた方、実の部分(食べるところ)だけを描かれた方、皆さん思いはそれぞれ・・・・。
 
【第32回】
平成25年5月26日
〔モチーフ〕新玉ねぎ
 根もしっかりと付いた「新玉ねぎ」です。
 
みなさん、いろいろと触って、臭いをかいで、新玉ねぎの感触をあじわっておられました。一枚一枚皮をむかれる方もおられました。新玉ねぎの瑞々しさと、甘さを感じました。
 
描かれた「新玉ねぎ」根っこもしっかり、青々として葉っぱは、畑からもぎ立ての新鮮さを感じます。直ぐにもたべたい!
 
【第31回】
平成25年4月28日
カーネーション
 母の日にちなんで「カーネーション」です。繊細なタッチで・・・。
 

脳いきいき!!

脳いきいき!!
 
【第30回】
平成25年3月31日
〔モデル〕梅
 
【第28回】
〔日時〕平成25年1月27日
〔モデル〕するめイカ
 
【第27回】
〔日時〕平成24年12月24日
〔モデル〕洋梨
 
【第26回】
〔日時〕平成24年11月18日
〔モデル〕ヘチマ・南瓜
 
【第25回】
〔平成〕24年10月28日
〔モデル〕さつまいも
 
【第24回】
〔日時〕平成24年9月23日
〔モデル〕ゴーヤ
 
【第23回】

〔日時〕平成24年8月23日

〔モデル〕枝豆

今回は、枝豆です。ふと子供の頃を・・・・。田んぼの畦に植わっていた枝豆を収穫し、足ふみ脱穀機で脱穀。そして、節分の時に乾燥した枝をカマド(おくどさん)で燃やし、豆を煎ったのを思い出しました。
【第23回】
〔日時〕平成24年8月23日
〔モデル〕枝豆
今回は、枝豆です。ふと子供の頃を・・・・。田んぼの畦に植わっていた枝豆を収穫し、足ふみ脱穀機で脱穀。そして、節分の時に乾燥した枝をカマド(おくどさん)で燃やし、豆を煎ったのを思い出しました。
 
いつもは、オイルパステルを使って描いて頂いてましたが、今回は、絵の具です。皆さん、ちょっと驚かれたのですが、さすが筆を持たれると筆を立てて今にも書道教室のような雰囲気です。持たれた筆は、画用紙の上を滑るように描かれました。
いつもは、オイルパステルを使って描いて頂いてましたが、今回は、絵の具です。皆さん、ちょっと驚かれたのですが、さすが筆を持たれると筆を立てて今にも書道教室のような雰囲気です。持たれた筆は、画用紙の上を滑るように描かれました。
 
後半に入り、いつものように台紙に貼り完成のところですが、今回は、団扇(うちわ)に姿を変えた瞬間に、パッと皆さんの表情が、笑顔!!(サプライズ)

最後の観賞会に壁に展示しようとすると、手から離さず、自分の胸元で講評です。やはり実用的な作品は、思いもひとしお。これで、残暑も安心です。
後半に入り、いつものように台紙に貼り完成のところですが、今回は、団扇(うちわ)に姿を変えた瞬間に、パッと皆さんの表情が、笑顔!!(サプライズ)
最後の観賞会に壁に展示しようとすると、手から離さず、自分の胸元で講評です。やはり実用的な作品は、思いもひとしお。これで、残暑も安心です。
 
【第22回】

〔日時〕平成24年7月21日

〔モデル〕ブナシメジ

今回のシメジをどのように描かれるのか、正直心配でした。

色合いも地味で、風味も特に無く、弱弱しいので・・・。
【第22回】
〔日時〕平成24年7月21日
〔モデル〕ブナシメジ
今回のシメジをどのように描かれるのか、正直心配でした。
色合いも地味で、風味も特に無く、弱弱しいので・・・。
 
出来あがった作品は、心配はよそに、地味だったシメジも、それぞれ枝分かれした傘が自己主張をしているかのようです。今回参加した男性は、どちらと言えば枝分かれした傘と枝の部分を、しっかり描かれた作品が多かったです。
出来あがった作品は、心配はよそに、地味だったシメジも、それぞれ枝分かれした傘が自己主張をしているかのようです。今回参加した男性は、どちらと言えば枝分かれした傘と枝の部分を、しっかり描かれた作品が多かったです。
 
ちょっとひ弱だったシメジも、力強さを感じる作品に出来上がりです。集合体として描かれた中にも、一枝一枝の存在を感じる力強い作品です。女性の方は、この様な描き方が、多かったです。皆さまは、どちら・・・???
ちょっとひ弱だったシメジも、力強さを感じる作品に出来上がりです。集合体として描かれた中にも、一枝一枝の存在を感じる力強い作品です。女性の方は、この様な描き方が、多かったです。皆さまは、どちら・・・???
 
【第21回】

〔日時〕平成24年6月23日

〔モデル〕紫陽花(ガクアジサイ)

皆さん、感じるもの、感じ方もいろいろ。

額紫陽花の、中心部にあるのが花(雄しべと雌しべ)です。斑な配色に魅せられたのか、まずはいろんな色のオイルパステルを使って花を表現。
【第21回】
〔日時〕平成24年6月23日
〔モデル〕紫陽花(ガクアジサイ)
皆さん、感じるもの、感じ方もいろいろ。
額紫陽花の、中心部にあるのが花(雄しべと雌しべ)です。斑な配色に魅せられたのか、まずはいろんな色のオイルパステルを使って花を表現。
 
紫陽花の、白く清楚な花びらに見える「額」に魅せられたのか、まず額から。
額紫陽花の、白く清楚な花びらに見える「額」に魅せられたのか、まず額から。
 
紫陽花の中央部に配列した斑の色の花、「ガク」にも規則的な配列があるようです。観察力の鋭さをオイルパステルで規則正しく表現されました。
紫陽花の中央部に配列した斑の色の花、「ガク」にも規則的な配列があるようです。観察力の鋭さをオイルパステルで規則正しく表現されました。
 
【第20回】

〔日時〕平成24年5月27日

〔モデル〕筍(たけのこ)

「筍(竹の子)」の漢字は、「旬(しゅん)」から来ており、「旬」は10日間を意味するそうです。地面から顔を出した筍、まだ早いと10日間ほど経って、収穫すると、もう若竹ってことありますよね。
【第20回】
〔日時〕平成24年5月27日
〔モデル〕筍(たけのこ)
「筍(竹の子)」の漢字は、「旬(しゅん)」から来ており、「旬」は10日間を意味するそうです。地面から顔を出した筍、まだ早いと10日間ほど経って、収穫すると、もう若竹ってことありますよね。
 
今回は、たくさんの入居者様が集まっていただけました。筍の中の、ハチク(破竹or淡竹)がモデルです。節と節の間隔があり、スマート。淡紫紅色でやわらかい毛の生えたハチク。皆さん、肌触りが良いのか、しっかりと五感を生かしておられました。
今回は、たくさんの入居者様が集まっていただけました。筍の中の、ハチク(破竹or淡竹)がモデルです。節と節の間隔があり、スマート。淡紫紅色でやわらかい毛の生えたハチク。皆さん、肌触りが良いのか、しっかりと五感を生かしておられました。
 
今回、初参加のNさん、「破竹の勢いの如し」のように、旬の筍(竹の子)を大胆に、勢いよく描かれました。天晴れ!!
今回、初参加のNさん、「破竹の勢いの如し」のように、旬の筍(竹の子)を大胆に、勢いよく描かれました。天晴れ!!
 
【第19回】

〔日時〕平成24年4月22日

〔モデル〕貝殻

今日は、モチーフは何でしょうか?つい手が出てしまいました。

今回は、アワビの貝殻でした。表面(外側)は、フジツボや海藻などいろんな生物が共生した形跡があり無骨です。しかし、内側は、光が当たると、光が幾重にも重なり、真珠の光沢を思い出させるような、光沢でした。
【第19回】
〔日時〕平成24年4月22日
〔モデル〕貝殻
今日は、モチーフは何でしょうか?つい手が出てしまいました。
今回は、アワビの貝殻でした。表面(外側)は、フジツボや海藻などいろんな生物が共生した形跡があり無骨です。しかし、内側は、光が当たると、光が幾重にも重なり、真珠の光沢を思い出させるような、光沢でした。
 
初参加のOさん、幾度も貝殻を、表に裏にと繰り返し眺められていました。手で触った感触を、オイルパステルで表現しようとされていました。外側の、荒々しさの表現しようと、幾重にもオイルパステルを重ねられましたが、性格か武骨さよりも優しさを感じました。
初参加のOさん、幾度も貝殻を、表に裏にと繰り返し眺められていました。手で触った感触を、オイルパステルで表現しようとされていました。外側の、荒々しさの表現しようと、幾重にもオイルパステルを重ねられましたが、性格か武骨さよりも優しさを感じました。
 
初参加のIさんです。貝殻の内側の玉虫色、真珠色、にじ色が、気に入られたのか、何度も指先で、撫でておられました。

オイルパステルを、何度も何度も重ね塗りをされ、何とも言えない光沢感が出ていました。
初参加のIさんです。貝殻の内側の玉虫色、真珠色、にじ色が、気に入られたのか、何度も指先で、撫でておられました。
オイルパステルを、何度も何度も重ね塗りをされ、何とも言えない光沢感が出ていました。
 
【第18回】

〔日時〕平成24年3月23日

〔モデル〕レッドオニオン

 今回のレッドオニオンは、本当に光沢のあり、「赤紫色」何ともきれいでした。皆さんの前で、縦半分にカットして断面を見ていただき、触ったりして頂きました。
【第18回】
〔日時〕平成24年3月23日
〔モデル〕レッドオニオン
 今回のレッドオニオンは、本当に光沢のあり、「赤紫色」何ともきれいでした。皆さんの前で、縦半分にカットして断面を見ていただき、触ったりして頂きました。
 
皆さんは、外皮の「赤紫色」に心を奪われたのか、外皮から描かれる方が多い中、○○こさんは、縦の断面の皮を1枚づつ対象に描かれ、最後に表皮の皮を紫色のパステルで閉められました。素晴らしい観察力に、天晴れです!!
皆さんは、外皮の「赤紫色」に心を奪われたのか、外皮から描かれる方が多い中、○○こさんは、縦の断面の皮を1枚づつ対象に描かれ、最後に表皮の皮を紫色のパステルで閉められました。素晴らしい観察力に、天晴れです!!
 
出来あがった作品に、敬礼!!
出来あがった作品に、敬礼!!
 
【第17回】
〔日時〕平成24年2月23日
〔モデル〕キウイ
 今回のモチーフは、サイズが小さく、皆さんどのように描かれるのでしょうか?ちょっと心配です??
 
横断面で切って頂き、香りをかいだり、触って撫でたり。表皮の産毛が生えたような触感、中身はヌルヌル。
 
「キウイは好きじゃないんだ、僕はモンブランが好きなんだ。」とケーキの話題で盛り上がりました。話も弾み、手元も良く動き、力強い重ね塗りによって立体感のある、キウイの出来上がり。食べたいよぉ〜!
 
【第16回】
平成23年12月26日
〔モデル〕白ねぎ
オイルパステルを、大胆に力強くまたやさしいタッチで描かれました。さすが油絵経験者。
 
白ネギの縦に走る繊維をも描かれているような、繊細な線を重ね合わせ見事な立体的な白ネギの出来上がりです。
 
半田先生より講評
 みなさん横に長く運ぶオイルパステルを握る手の動きに天晴れ!!
 
【第15回】
平成23年11月23日
〔モデル〕かぶ
なんということでしょう。りっぱな「蕪(かぶ)」です。
今回は、蕪の茎や葉っぱを描いてもらおうと、縦長の画用紙を準備して頂きました。
 
テーブルには、カブがたくさん並びました。女性は、紅かぶ。男性は、白かぶ?参加された女性からは、畑から掘り起こす時の大根との引き加減の違いをご教授頂いたそうです。
 
蕪の茎から葉っぱにかけては、画用紙を折り曲げて立体感を出しました。今にも畑から掘り起こしてきた「蕪」です。
 
【第14回】
平成23年10月16日
〔モデル〕くり
皆さんの描き方は、それぞれ。とげとげしいイガに、いやな思いがあるのか??とげを強調される方も。
 
男性の皆さん、疲れたのか?最後の細かい手作業は、育子先生にお任せ!!
 
女性の皆さまは、いがの中の栗もしっかり描かれました。最後は、ハサミでとげとげしさをアレンジされました。懐かしい栗の炊き込みご飯の話にも花が咲きました。
 
【第13回】
平成23年9月23日
〔モデル〕りんご
リンゴの持つ「可愛らしさ」を感じてか、いつもよりやさしいタッチで!!
 
曲線を活かしたタッチでやさしく。「りんごの唄」を口ずさみながら、和やかなムードで。
 
優しいタッチで出来上がったりんご。ちょっと、くすんだリンゴに、育子先生はいかに講評・・・??
 
【第12回】
平成23年8月22日
〔モデル〕とうもろこし(なんば)
朝取れたもぎ立ての「とうもろこし」です。まずは幾重にも重なった皮むきからです。
 
もぎたてのトウモロコシです。
皮をむくと透き通るような、一粒一粒に感動!!
 
みごとなとうもろこしの出来上がりです。とうもろこしのめしべにあたる髭も見事に描かれています。
 
【第11回】
〔日時〕平成23年7月29日
〔モデル〕みょうが
いつもと違って、ちょっとボリュームが・・・。
描かれたみょうがは、大胆です。
 
2回目の参加ですが、がんばりました。
 
2回目の参加です。ご自身でつくられていた思い出話に、和やかな雰囲気になりました。
 
〔日時〕平成23年6月26日

〔モデル〕生姜(しょうが)

立派な、生姜です。
【第10回】
〔日時〕平成23年6月26日
〔モデル〕生姜(しょうが)
立派な、生姜です。
 
生姜を作られていた入居さんがおられ、手よりも、昔話に花が咲きました。
生姜を作られていた入居さんがおられ、手よりも、昔話に花が咲きました。
 
今回は、初参加の方が半数おられました。写実的表現で立体感がよく表現されていました。出来上がりを見て、ちょっと不満??
今回は、初参加の方が半数おられました。写実的表現で立体感がよく表現されていました。出来上がりを見て、ちょっと不満気未??
 
【第9回】
〔日時〕平成23年5月22日
〔モデル〕トマト
色鮮やかで完熟のトマト、思わず口元に・・・。
 
大きなトマトを選ばれ、まずはじっくり観察!!
 
いつも見学ばかりされていましたが、今日が初参加です。初めてのオイルパステル。しっかり力強くトマトを描かれました。
 
〔日時〕平成23年4月29日

〔モデル〕土筆(つくし)

皆さん、懐かしがられたようで、黒の画用紙の上に並べて、ゆっくり観察されていました。
【第8回】
〔日時〕平成23年4月29日
〔モデル〕土筆(つくし)
皆さん、懐かしがられたようで、黒の画用紙の上に並べて、ゆっくり観察されていました。
 
先っぽの胞子の部分は、皆さんしっかり描かれていました。(これを描かないとつくしには、見えないですね。)中には、薄茶色の「はかま」まで描かれていました。
先っぽの胞子の部分は、皆さんしっかり描かれていました。(これを描かないとつくしには、見えないですね。)中には、薄茶色の「はかま」まで描かれていました。
 
春と言えば「つくし」。

 アスファルトの生活、なかなか見なくなった「つくし」。

 子供の頃に、田んぼのあぜに生えていた「つくしんぼ」を摘んだのを思い出しました
春と言えば「つくし」。
 アスファルトの生活、なかなか見なくなった「つくし」。
 子供の頃に、田んぼのあぜに生えていた「つくしんぼ」を摘んだのを思い出しました
 
〔日時〕平成23年3月25日

〔モデル〕きゃべつ

半田先生より、描くコツとして、まずキャベツの葉脈(芯の部分)よりのご指導をいただきました。
【第7回】
〔日時〕平成23年3月25日
〔モデル〕きゃべつ
半田先生より、描くコツとして、まずキャベツの葉脈(芯の部分)よりのご指導をいただきました。
 
葉脈部分を描き、次は葉っぱの部分を描きます。その後は、輪郭をハサミで切ります。少し麻痺のある方も、スタッフの協力を得ながら、キャベツの葉っぱが出来上がりました。
葉脈部分を描き、次は葉っぱの部分を描きます。その後は、輪郭をハサミで切ります。少し麻痺のある方も、スタッフの協力を得ながら、キャベツの葉っぱが出来上がりました。
 
今回は、いつもと違い、切り取った葉っぱを重ねて、キャベツの出来上がり。立体的な作品に、「これは、難しい!難しい!」と言いながらも、立派なキャベツの出来上がり。いつも作品は、掲示板に展示するのですが、今回は立体的な作品につき、皆さんの居室に持ち帰り展示されました。
今回は、いつもと違い、切り取った葉っぱを重ねて、キャベツの出来上がり。立体的な作品に、「これは、難しい!難しい!」と言いながらも、立派なキャベツの出来上がり。いつも作品は、掲示板に展示するのですが、今回は立体的な作品につき、皆さんの居室に持ち帰り展示されました。
 
〔日時〕平成23年2月27日

〔モデル〕蓮根(れんこん)

今回は、ちょっと色の地味な蓮根です。
【第6回】
〔日時〕平成23年2月27日
〔モデル〕蓮根(れんこん)
今回は、ちょっと色の地味な蓮根です。
 
多くの皆さんは、まずレンコンの断面をいくつも描かれました。中には、斜めからの立体的に描かれた方もおられました。
多くの皆さんは、まずレンコンの断面をいくつも描かれました。中には、斜めからの立体的に描かれた方もおられました。
 
地味なレンコンの穴は、虹色に!!

食べたいなぁ〜!!
地味なレンコンの穴は、虹色に!!
食べたいなぁ〜!!
 
〔日時〕平成23年1月30日

〔モデル〕松(まつ)

新春初めての「臨床美術」です。今回のテーマは、長寿を表す縁起の良い木とされる「松」です。
【第5回】
〔日時〕平成23年1月30日
〔モデル〕松(まつ)
新春初めての「臨床美術」です。今回のテーマは、長寿を表す縁起の良い木とされる「松」です。
 
最初は、松の葉っぱを取り除いた「枝」だけを触れ、表面のザラザラ感を感じ、オイルパステルで枝を描きました。何重にも重ね塗りをすると、立体感が出てきました。
最初は、松の葉っぱを取り除いた「枝」だけを触れ、表面のザラザラ感を感じ、オイルパステルで枝を描きました。何重にも重ね塗りをすると、立体感が出てきました。
 
次は、葉を描きます。針のような葉を描くには、取り除いた松葉を集めて、オリジナルの筆が出来上がり。松葉の筆は、なんと松葉を描くのにばっちりでした。
次は、葉を描きます。針のような葉を描くには、取り除いた松葉を集めて、オリジナルの筆が出来上がり。松葉の筆は、なんと松葉を描くのにばっちりでした。
 
〔日時〕平成22年12月12日

〔モデル〕さつまいも

今回の「さつまいも」には、皆さんびっくり。

すごくグロテスクなさつまいも。
【第4回】
〔日時〕平成22年12月12日
〔モデル〕さつまいも
今回の「さつまいも」には、皆さんびっくり。
すごくグロテスクなさつまいも。
 
最初は、切った断面の色から・・・?
最初は、切った断面の色から・・・?
 
こむぎちゃん(半田ご夫妻の長女さん)も飛び入り参加です。こむぎちゃんの頭ほどのさつまいもです。
こむぎちゃん(半田ご夫妻の長女さん)も飛び入り参加です。こむぎちゃんの頭ほどのさつまいもです。
 
〔日時〕平成22年9月23日

〔モデル〕鯵の一夜干し

今回のモデルは、「アジの一夜干し」でした。新聞紙の丸めたものに、白の絵の具を付け、黒画用紙にペッタンペッタンと魚の形を。
【第3回】
〔日時〕平成22年9月23日
〔モデル〕鯵の一夜干し
今回のモデルは、「アジの一夜干し」でした。新聞紙の丸めたものに、白の絵の具を付け、黒画用紙にペッタンペッタンと魚の形を。
 
白の絵の具の上から、オイルパステルで描きます。そうすると、立体感が出てきてました。

白の絵の具の上から、オイルパステルで描きます。そうすると、立体感が出てきてました。
 
最後は、ラメを散りばめると、今にも泳ぎだしそうな活きのいいアジが出来上がりました。
最後は、ラメを散りばめると、今にも泳ぎだしそうな活きのいいアジが出来上がりました。
 
〔日時〕平成22年8月22日

〔モデル〕玉ねぎ

 葉っぱと根っこの部分がしっかりついてある「玉ねぎ」でした。

触ったり、匂いを嗅いでみたり、五感をフルに使って観察されました。

前回のキュウリと違い、口に運ばれる方はおられませんでした。
【第2回】
〔日時〕平成22年8月22日
〔モデル〕玉ねぎ
 葉っぱと根っこの部分がしっかりついてある「玉ねぎ」でした。
触ったり、匂いを嗅いでみたり、五感をフルに使って観察されました。
前回のキュウリと違い、口に運ばれる方はおられませんでした。
 
オイルパステルを力ず良いタッチで、何度も何度重ねられ、いい色の玉ねぎが完成です。
オイルパステルを力ず良いタッチで、何度も何度重ねられ、いい色の玉ねぎが完成です。
 
葉っぱのところ(地面より上)まで付いていた「玉ねぎ」だったので、しっかり葉っぱのところまで描かれたのは、さすがの観察力でした。
葉っぱのところ(地面より上)まで付いていた「玉ねぎ」だったので、しっかり葉っぱのところまで描かれたのは、さすがの観察力でした。
 
第1弾!!

初めての「臨床美術」です。

入居者様も、初めてなので興味津津です。

まずは、半田先生より、オイルパステルの使い方の指導です。
【第1回】
初めての「臨床美術」です。
入居者様も、初めてなので興味津津です。
まずは、半田先生より、オイルパステルの使い方の指導です。
 
〔日時〕平成22年7月18日

〔モデル〕きゅうり

今日の“モデルさんは”収穫したばかりのジャンボな「キュウリ」でした。触ったり、匂いを嗅いでみたり、五感をフルに使って、思わず口に運ばれる方も。そして、黒の画用紙に、オイルパステルを使って感じたままに描かれました。
〔日時〕平成22年7月18日
〔モデル〕きゅうり
今日の“モデルさんは”収穫したばかりのジャンボな「キュウリ」でした。触ったり、匂いを嗅いでみたり、五感をフルに使って、思わず口に運ばれる方も。そして、黒の画用紙に、オイルパステルを使って感じたままに描かれました。
 
オイルパステルを重ねて塗り、仕上げは輪郭をはさみで切り、それぞれ見事なキュウリができあがり。そして、台紙を選び貼り付けて完成。最後は、半田先生より講評をいただき、思わず我が作品に大きな拍手!!

 参加者全員:10名(平均年齢92歳、最高年齢97歳)、最後まで頑張られました。

オイルパステルを重ねて塗り、仕上げは輪郭をはさみで切り、それぞれ見事なキュウリができあがり。そして、台紙を選び貼り付けて完成。最後は、半田先生より講評をいただき、思わず我が作品に大きな拍手!!
 参加者全員:10名(平均年齢92歳、最高年齢97歳)、最後まで頑張られました。
 
【第29回】
平成25年2月24日
〔モデル〕鰯(イワシ)
 

作品

作品
 

H25

H25

社会福祉法人大石福祉会
介護老人福祉施設 リバプール

〒520-2263
滋賀県大津市大石中1丁目5番14号
TEL.077-536-3111
FAX.077-546-8090
──────────────
1.特別養護老人ホーム
2.短期入所生活介護
3.認知症対応型通所介護
──────────────

事業所番号 2570101630

 

162404
<<社会福祉法人大石福祉会 介護老人福祉施設 リバプール>> 〒520-2263 滋賀県大津市大石中1丁目5番14号 TEL:077-536-3111 FAX:077-546-8090