施設環境整備

 

平成28年度

平成28年度
 
車椅子を39台(自走用・介助用)更新しました!12月
車椅子の定期点検を7月に実施したところ、タイヤの交換など含めて修理が必要な車椅子があり、今回39台の車椅子を更新しました。自走用・介助用で、全てが、アームサポート(手を置く所)の跳ね上げ、フットサポート(足を置く所)の取り外し・外に開く、タイプです。入居者様の自立支援に向けた視点、そして介助させていただく側の視点にも配慮しました。
 
 
リフト付小型介護浴槽(テヌート)を3台設置しました。11月
10月末から1ヶ月かかった工事も無事完了しました。工事期間中、入居者様にご協力頂きありがとうございました。安全・安心に入浴いただけるよう、取扱い説明会を6日間設定し、ほぼ全員の職員が受講しました。入居者様が安心してゆっくり入浴頂けること、そして介助するスタッフも安全に身体的負担が少なく介助できることと思います。早速、入浴された入居者様も「よかったわ!」と。
 
 

平成27年度

平成27年度
 
1階地域交流スペース前のテラスにオーニング(日よけ)を設置 8月
1階地域交流スペース前のテラスにオーニング(日よけ)を設置しました。3年前(平成24年)に、テラスを設置しましたが、午後からは西日が強くて天気の良い日はなかなか利用を頂くことができませんでした。そこで、このたび電動で設置収納できるオーニング(日よけ)を増設しましたので、天気の良い日も快適に寛いで頂ける事になりました。スクリーンを下ろせば目隠しにもなり更に快適に過ごしていただけます。
 
LED照明交換工事が完了しました!!(11月~2月)
11年目を向かえ、626個の照明器具をLED照明に更新しました。リビングのダウンライトは落ち着きのある温白色(電球に近い色合い)に変更しました。廊下は、ワット数を落とし昼光色から白色に。少しやわらかい雰囲気になりました。
 

平成25年度

平成25年度
 
非常用発電機 接続替え工事完了 「災害時もエレベーター運転可能、水も供給」
非常用発電機は、災害などにより電気が供給されない場合でも消防設備が正常に稼働するためのものです。東日本地震を受け消防庁より、発電機の容量に余裕があれば、一般電源にも活用しても問題がないとの通達が出されました。それを受け、停電(災害時等)した場合でも入居者様の1階への移動するためのエレベーター運転、貯水タンクの水を供給するためのポンプの運転をさせる電気工事が完了しました。
「備えあれば憂いなし!」入居者の安全確保と安心確保・・・。
1月中に、消防署立ち会いの上、動作テストを実施する予定です。
 

平成24年度

平成24年度
 
災害時用移動型自家発電機を設置
〔日時〕平成25年3月
 この度、地震や風水害など不測の災害時の停電に備えるために、滋賀県介護施設等自家発電機整備費補助を受け、各フロアーに2台、計6台の発電機の設置工事が完成しました。
 また、地域交流スペースにも2台の発電機を設置しました。地域交流スペースは、災害時における要援護者を受け入れる協定を大石学区と締結していますので、その時の照明機器の電源供給や暖房設備の電源供給に使用する予定です。
 
 
発電機だけを設置するだけではなく、屋内配線工事を行い、非常時にも電気コードが邪魔にならないようにしまいた。また、非常用発電機専用コンセントとわかるように、赤色のコンセントとしました。施設の電気点検(施設内の電源がすべて止まる)に併せて、発電機を使った、非常時の訓練を実施する予定です。
 
地域交流スペース前に「テラス」が完成しました! 「癒しの空間」
〔日時〕平成24年10月
待望のテラスが完成しました!!(癒しの空間)
この度、地域交流スペース前のスペースに、テラスを設置しました。テラスは、廃木材と廃プラスチックが配合されており、天然木の風合い(天然木の香り)を持っています。入居いただいている皆様の「癒しの空間」として使って頂きたいと思っています。屋上からのロケーションも最高ですが、ここは更に季節を感じるスペースです。
 
 
新たに、春の樹木(ハナカイドウ・利休梅・ライラック)5本を植えました。花が咲く春が楽しみです。今は、プランターにコスモス植えました。是非とも、ご覧ください。
 また、シンクを設置しましたので、バーベキューなどのイベントにも、使いたいものです
 

平成24年度

平成24年度
 
【熱遮断フィルム貼り工事】
〔日時〕平成24年7月
 兼ねてから、夏場の西日対策について検討していた折、今回の関西電力からの節電協力の要請を受け、取組みとして、熱遮断フィルムを南面と西面のガラス全面に貼りました。フィルムは、3Mスコッチティント ウインドウフィルム アンバー35LE(遮蔽係数0.28、熱管流率4.3)です。
遮蔽係数が低い程遮蔽効果が高く、冷房負荷の低減に効果があります。また、熱管流率は、室内外の温度差に起因する熱の逃げやすさを示す指標で、低いほど断熱効果が高く、冬季の暖房熱が逃げるのを防ぐ効果があります。要するに、夏場・冬場の断熱効果があり、冷房や暖房の熱が逃げにくく、結果的に節電ができるというものです。
 
今まで、夏場の日差しがきつく昼間でもカーテンを閉めて対応していましたが、フィルムを貼ってからはそばに近づいても、暑さを感じません。かなり高い効果が見られたので、東・北面も追加で貼る予定です。外側からは、ミラー効果で、中が見えません(中からは見えます)。
 
【屋上洗浄および防水工事】第2弾

〔日時〕平成24年6月

≪洗浄中≫

 昨年に引き続き、屋上の防水工事にあたり洗浄を実施しました。6年間の風雨や埃が、高圧洗浄で、みるみる間にきれいになりました。
【屋上洗浄および防水工事】第2弾
〔日時〕平成24年6月
≪洗浄中≫
 昨年に引き続き、屋上の防水工事にあたり洗浄を実施しました。6年間の風雨や埃が、高圧洗浄で、みるみる間にきれいになりました。
 
≪防水工事完了後≫

 高圧洗浄後は、防水薬剤を塗布して頂きました。このスペースは、利用者様が入ることの出来ないスペースですが、きれいになると、やはり気持ちがいいですね。建物は、しっかりとメンテナンスをして、永く使いたいものです。
≪防水工事完了後≫
 高圧洗浄後は、防水薬剤を塗布して頂きました。このスペースは、利用者様が入ることの出来ないスペースですが、きれいになると、やはり気持ちがいいですね。建物は、しっかりとメンテナンスをして、永く使いたいものです。
 

平成23年度

平成23年度
 
【雨水用マスの改修工事】

〔日時〕平成23年9月

雨水用のマスの改修工事を実施しました。以前のマスから一回り大きいマスに交換して頂きました。
【雨水用マスの改修工事】
〔日時〕平成23年9月
雨水用のマスの改修工事を実施しました。以前のマスから一回り大きいマスに交換して頂きました。
 
マスの改修工事に伴い、舗装も継ぎはぎにならないように、工事エリア全体を新規に舗装しました。その部分は、雨水用のパイプも埋設されているので、車両が乗り上げないようにゼブラ表示もして頂きました。
マスの改修工事に伴い、舗装も継ぎはぎにならないように、工事エリア全体を新規に舗装しました。その部分は、雨水用のパイプも埋設されているので、車両が乗り上げないようにゼブラ表示もして頂きました。
 
【駐車場入口の段差舗装】

〔日時〕平成23年8月

 施設横を通って駐車場に入るのに、里道(農道、あぜ道)が走っており、犬の散歩とか、子供さんが自転車で通ったりされるの危険です。
【駐車場入口の段差舗装】
〔日時〕平成23年8月
 施設横を通って駐車場に入るのに、里道(農道、あぜ道)が走っており、犬の散歩とか、子供さんが自転車で通ったりされるの危険です。
 
一時停止の表示をしていますが、「つい」「うっかり」とかがあります。そこで、安全確保のために、段差舗装をし注意を促して頂けるように、改修しました。駐車場に入る場合は必ず一時停止をお願いします。
一時停止の表示をしていますが、「つい」「うっかり」とかがあります。そこで、安全確保のために、段差舗装をし注意を促して頂けるように、改修しました。駐車場に入る場合は必ず一時停止をお願いします。
 
【ゴミ回収洗い場改修工事】

〔日時〕平成23年8月

 ゴミ回収ボックスが増えたことと、日頃の衛生管理を充実するために、洗い場の改修工事を実施しました。
【ゴミ回収洗い場改修工事】
〔日時〕平成23年8月
 ゴミ回収ボックスが増えたことと、日頃の衛生管理を充実するために、洗い場の改修工事を実施しました。
 
汚れたらその都度、洗浄出来るようになりました。
 汚れたらその都度、洗浄出来るようになりました。
 
【防災倉庫設置】工事前

〔日時〕平成23年7月

 施設の北側の駐輪場の横のスペースに、「入居者様用災害時備品倉庫」と「地域の要援護者の方を受け入れた時の、備品倉庫」を設置しました。
【防災倉庫設置】工事前
〔日時〕平成23年7月
 施設の北側の駐輪場の横のスペースに、「入居者様用災害時備品倉庫」と「地域の要援護者の方を受け入れた時の、備品倉庫」を設置しました。
 
大石学区自治連より、要援護者の救護用備品倉庫を設置して頂きました。これは、平成22年6月に大石学区と学区内の医療・介護施設において「災害時等における相互の援助と協力についての協定」を締結し、その時に「災害時等に地域の要援護者の避難施設として使用すること」の覚書を交わしたことによるものです。

備品については、順次準備する予定です。
大石学区自治連より、要援護者の救護用備品倉庫を設置して頂きました。これは、平成22年6月に大石学区と学区内の医療・介護施設において「災害時等における相互の援助と協力についての協定」を締結し、その時に「災害時等に地域の要援護者の避難施設として使用すること」の覚書を交わしたことによるものです。
備品については、順次準備する予定です。
 
【屋上洗浄および防水工事】

〔日時〕平成23年4月

 小春日和の日は、屋上に上がって、喫茶やレクリェーションをします。5年を過ぎると、屋上にも雨水の垢や埃が付き、汚れてきました。

今回、高圧洗浄機で汚れを落とし、コンクリート表面の防水処理をしました。
【屋上洗浄および防水工事】
〔日時〕平成23年4月
 小春日和の日は、屋上に上がって、喫茶やレクリェーションをします。5年を過ぎると、屋上にも雨水の垢や埃が付き、汚れてきました。
今回、高圧洗浄機で汚れを落とし、コンクリート表面の防水処理をしました。
 
コンクリート表面の防水処理です。雨が降っても、水をはじき埃やゴミが残りません。

 今後は、屋上で気持ちよく喫茶やレクリェーションを楽しんで頂けると思います。今年度は、利用者様が利用される部分のみ、処理をしました。次年度は、室外機やキュービクルが配置してある部分の工事をする予定です。
コンクリート表面の防水処理です。雨が降っても、水をはじき埃やゴミが残りません。
 今後は、屋上で気持ちよく喫茶やレクリェーションを楽しんで頂けると思います。今年度は、利用者様が利用される部分のみ、処理をしました。次年度は、室外機やキュービクルが配置してある部分の工事をする予定です。

社会福祉法人大石福祉会
介護老人福祉施設 リバプール

〒520-2263
滋賀県大津市大石中1丁目5番14号
TEL.077-536-3111
FAX.077-546-8090
──────────────
1.特別養護老人ホーム
2.短期入所生活介護
3.認知症対応型通所介護
──────────────

事業所番号 2570101630

 

162406
<<社会福祉法人大石福祉会 介護老人福祉施設 リバプール>> 〒520-2263 滋賀県大津市大石中1丁目5番14号 TEL:077-536-3111 FAX:077-546-8090